スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【アニメ】あずまんが大王 

あずまんが大王総合評価★★★★
2002年4月から放送された、あずまきよひこ原作の4コマ漫画(『月刊コミック電撃大王』に連載)をアニメ化した作品。10歳で高校に飛び級入学した天才少女・ちよ、スポ根娘の神楽、クールな美少女・榊ら個性的な女子高生たちの学園生活を、各回5本ずつのショートストーリーで描いている。監督は「機動天使エンジェリックレイヤー」の錦織博。学園生活を営む女子高校生たちの、不思議な世界観と可愛いリアクションが楽しい大人気作である。

■作品データ
【読み・期】あずまんが大王(だいおう) 1期
【主題歌】Oranges&Lemons「空耳ケーキ」
【出演】金田朋子、松岡由貴、樋口智恵子、田中理恵
【話数】全26話
【監督】錦織博
【アニメーション製作】J.C.STAFF
【放送期間】2002年4月 - 2002年9月
【原作者】あずまきよひこ
【関連作品】なし
----------------------------------------
【総合評価】80点★★★★
【お気に入りキャラ】春日歩

■感想
甘すぎず苦すぎない、心地良いリズム溢れる作品。

とある共学の高等学校を舞台にした学園物コメディで、ゆるい空気とシュールな笑いはどことなく「クレヨンしんちゃん」を思い浮かべて貰えばわかりやすい。「萌え」と「ギャグ」をそのまま直球で勝負しているのが特徴的。

ただ無駄な間の開きが気になる。余計な部分に余計な間隔がありすぎて、見ていて無駄な疲労感がでてくる。ギャグも少し濃いかな?顔芸で笑わせるよりは幾分かマシだけども。逆に、ゆるい学園生活よりも、野外活動でのギャグは冴えに冴え渡っている。この監督は非日常的空間の扱いがうまいのかどうか知らんが、とくに榊とイリオモテヤマネコの回は飽きがこなかった覚えがある。

ちなみに「あずまんが大王」とは、原作者「あずまきよひこ」からきている。つまり、あずまの漫画だから、あずまんが。大王とはおそらく電撃大王から来ているのだろう。というわけで、あずまんが大王という題名は本編にはあまり関係ない。原作はまだ知らないし、よく調べてもいないので確信は持てないが、少なくともアニメでは題名と本編はまったく関連性がない。まあ、ストーリーも何を目的とするのでなくただ淡々と過ごしていく点から見ても、あまり意味の無い題名も妙につじつまが合うのだ。まだわからない人のためにもう少し咀嚼すると、「あずまきよひこワールド」ってことだ。

どうでもいい話を長々として申し訳ない。正直にいうと、これはブログを開設するずっと前に見た作品で、かなり面白かったこと以外はあまり覚えてないのだ。よって、詳しいあらすじは、あまり覚えていないという・・・。

というわけで、総合評価は80点。非常に良いアニメ作品だと個人的には思う。見てて飽きなかったし、キャラの魅力もばっちりだ。ちなみに私は大阪さんこと春日歩の大ファンで、歴代の好きなアニメキャラTOP20には入るほど。可愛すぎる。この子が主役の回は目が画面にくっついて離れない(笑)あ、上のイメージ画像の子のことね。ああ可愛いなもう!
スポンサーサイト
[ 2008/01/24 21:37 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drybatteryn.blog33.fc2.com/tb.php/118-1eda6a0a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。